注目キーワード
  1. ランキング
CATEGORY

黒澤作品

  • 2019年4月2日
  • 2019年4月11日

『醜聞(スキャンダル)』(黒澤明映画第9作品あらすじと解説):マスコミへの怒りと不信感から生まれた作品

1950年(昭和25年)4月26日に公開された映画『醜聞(スキャンダル)』。 この作品は、黒澤明監督のジャーナリズムに対する怒りと不信感から生まれました。 この記事では、黒澤明監督の9番目の作品となる『醜聞(スキャンダル)』をご紹介します。

  • 2019年4月2日
  • 2019年4月11日

『酔いどれ天使』(黒澤明映画第6作品あらすじと解説):超イケメンの三船敏郎さんの鮮烈デビュー作品

終戦後の混沌とした日本を鮮明に描いた黒澤明監督の『酔いどれ天使』(公開:1948年4月27日)。 志村喬が初めて主演を務めた黒澤作品であると同時に、黒澤監督が三船敏郎とのコンビが誕生するキッカケになった作品でもあります。 この記事では、黒澤明監督の6 […]

  • 2019年2月23日
  • 2019年4月11日

『わが青春に悔いなし』(黒澤明映画第4作品あらすじと解説)黒澤明監督と原節子が初めてコンビを組んだ作品

終戦後初めて公開された黒澤明監督の『わが青春に悔いなし』(公開:1946年10月29日)。 戦時下の言論統制から解放されて、自由な作品制作ができると思いきや黒澤明監督の苦悩は続いたようです。 この記事では、黒澤明監督と当時の大女優・原節子が、初めてコ […]

  • 2019年2月23日
  • 2019年4月17日

『続姿三四郎』あらすじと解説:黒澤明監督はこの映画を制作したくなかった!?(黒澤明映画第3作品)

全30作品の映画の中で、黒澤明監督の制作意欲が最も低い映画とされている『続姿三四郎』(公開:1945年5月3日)。 ヒット作『姿三四郎』の二匹目のドジョウを狙った東宝に、無理やり制作させられた映画であるとされています。 はたして『続姿三四郎』とはどの […]

  • 2019年2月22日
  • 2019年4月11日

『一番美しく』(黒澤明映画第2作品あらすじと解説):この作品はプロパガンダ映画?

戦時中のプロパガンダ映画と評されることの多い『一番美しく』(公開:1944年4月13日)。 その一方で、黒澤映画のファンの間では、この作品は隠れた名作であるとされています。 黒澤監督は、この作品で私たちに、どんなメッセージを伝えたかったのでしょうか?

  • 2019年1月17日
  • 2019年4月24日

『姿三四郎』あらすじと解説::戦時中の日本人を魅了したデビュー作(黒澤明映画第1作品)

黒澤明監督のデビュー作の『姿三四郎』(公開:1943年3月25日)。 公開された当時はは第二次世界大戦中だったこともあり娯楽に飢えた大衆たちに評価され、大ヒットとなりました。 特にこの映画の見せ場で使われた、スローモーションは、当時の映画では斬新なテ […]